So-net無料ブログ作成

パチンコ確率の意味・計算 確率の分散 その⑥ [確率に身を委ねる]

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ収支へ
にほんブログ村


現役医師兼パチプロ修行中のKazuyaです。→詳しいプロフィールはこちら



沖海3ミドル(1/358)を例に、確率の収束についてみていきましょう。


今回は連チャン数などは除いて、シンプルに初当たりをいかに引けるか?に着目してみます。


まず、1日実戦した場合、通常回転で約2500回転回りますので初当たり回数は以下のように分布します。


 0回    0.1%

 1回    0.8%

 2回    2.6%

 3回    5.9%

 4回    10.1% 

 5回    13.6%

 6回    15.4%

 7回    14.9%

 8回    12.6%

 9回    9.4%

10回    6.4%

11回    3.9%

12回    2.2%

13回    1.2%

14回    0.6%

15回以上   0.4%


初当たり6から7回が最も多く、そこから離れるほど割合は低いです。

しかし、まだバラツキが目立ちます。



では、確率分母の100倍(約36000回転)した時の初当たり回数を示します。


 69回未満    0.03%

 70-79回     1.40%

 80-89回     13.7%

 90-99回     33.0%

 100-109回   35.1% 

 110-119回    14.2%

 120-129回    2.5%

 130回以上     0.3%


かなり収束してます。

初当たり100回でちょうど確率通りですが、その±1割に全体の7割が集中しています。

すなわち、確率分母の100倍まわせば±3割以内にほぼ収まるということです。



ではもっと試行回数を多くし、確率分母の300倍(約10800回転)


 254回未満    0.6%

 255-269回     3.2%

 270-284回   15.2%

 285-299回   28.4%

 300-314回   32.1% 

 315-329回   16.8%

 330-344回     3.2%

 345回以上    0.3%


確率通りなら300回当たるので、30回ずれれば誤差1割です。

その±1割に全体の9割以上が集中しています。

約6割が±5%以内です。

2割以上ずれることは、ほぼ無いと言っていいでしょう。


このように当然ながら試行回数が増えるほど、大数の法則で誤差が少なくなっていきます。


もちろんmaxタイプ等、確率分母が大きいほどズレが大きくなりますし、甘デジ等、確率分母が低いほど収束は早いです。


これは、数学の確率統計分野の分散式からも示されます。


分散=((データ-平均値)の2乗)の総和÷個数

標準偏差=(分散)の平方根

確率が確率通りに収束する確率はこのような考えから導きだされます。

関連記事;トータル確率の計算

     回転単価の計算

     出玉計測の方法


ランキング参加してます!応援宜しくお願いします。


パチンコ ブログランキングへ

実際にホールに行く前にシュミレーションしたい方はこちら。
無料で登録できますo(^▽^)o

スポンサード・リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。