So-net無料ブログ作成

医者の専門領域について [医療系雑記]

現役医師兼パチプロ修行中のKazuyaです。


69XowRJlf7snVyp1395283898_1395283939.jpeg

医者って科がめちゃくちゃ分かれてて実際何やってんの? 
耳鼻科とか耳糞ほじくってるだけちゃうん? 


とか恥ずかしながら自分も医学部入るまで思ってました…。 


ですので、様々な科のドクターが何やってるかを簡単に紹介していこうと思います。 


まず基本は医者は内科系と外科系に分かれます。 


簡単に言えば内科系の医師は主に薬物治療や放射線治療など、体にメスを入れない医療行為を行います。 


対して外科系は体にメスを入れる医療行為を行います。 


だから実は眼科医や耳鼻科医は外科系の医者ということになります。 


医学部ではすべての科を勉強します。 


なぜなら人体というのは、ここをいじれば、あそこがこうなるとすべてつながっているからです。 


ですので医師免許というのは建前上オールマイティであり、精神科医が明日から整形外科に転向したり、外科医が内科医院を開業しても何ら問題はありません。 


よく開業医に脳神経外科・内科とか書いてる看板がありますが、そこの院長は専門は脳外科でおまけに内科と書いてる場合が多いです。 


とは言っても、現在扱う病気は多岐に渡り、とてもじゃないがすべてやるのは不可能です。 


と、いうわけで、それぞれこの領域はまかせろ!という専門領域があります。 


次回は内科系の医者を順番に紹介していきたいと思います。

スポンサード・リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。