So-net無料ブログ作成

パチンコ消費税増税による対応と対策 [日常]


スポンサード・リンク
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ収支へ
にほんブログ村


現役医師パチプロ修行中のKazuyaです。→詳しいプロフィールはこちら

 


いよいよ4月から消費税増税によりパチンコ業界にも変化が予想されます。

以前より様々な憶測が飛び交っていますが・・・

 


等価店は低換金かするのか?

低換金店はさらに低換金化するのか?

その際の貯玉はどうすべきなのか?

 


全日遊連の発表では以下のようです。

 

 

(1)4月1日の消費増税後も税込遊技料金を据え置く場合は、従来どおり「1個(玉)4円」「1枚20円」で変更の必要はない。

 

(2)個(枚)数調整で実質値上げを行なう場合で、玉1個、メダル1枚の料金が割り切れない場合は最少貸出単位の玉個数またはメダル枚数と金額で表示する(税率8%の場合の表示例/「24個(玉)100円(100円24個(玉))」「116個(玉)500円(500円24個(玉))」「47枚1000円(1000円47枚)」)。

 

(3)税抜料金に消費税率をかけた料金を遊技料金として表示する場合(例:4円×1.08=4.32円)は小数点以下第2位までで表示できる(税率8%の場合の表示例/「1個(玉)4.32円(25個(玉)108円)」「1枚21.6円(50枚1080円)」)。

 

 108円で25個を貸出す(3)の方式は「カード精算方式」と呼ばれ、その対応システムは今後販売が予定されている。

 

 

 

基本的にはたいていのホールは内税式で対応するようで、このまま現状維持でよさそうです。

 


しかしながらホールとしても増税分はどこかで回収せねばならないので、新台導入費や人件費等の経費削減したり、割数を削って利益を出しにくる事も考えられます。

 


後は地域や良く行くホールによりケースバイケースですが、等価店で低換金化することがわかっている場合は、あらかじめ換金しておいた方がよいでしょう。

 

低換金店がさらに換金率を下げる場合も、全額貯玉を換金するのではなく、今後も再プレイする事を考えて換金ギャップとの差額から貯玉の残高をコントロールすると良いですね。


もし、高換金店が低換金化するようであれば、逆にお客の側から考えると有利な点もあります。


低換金化によりホールは換金ギャップで利益を取れるので、釘を甘くし、回転数や出玉関係で還元出来るようになります。


同じ期待値でも等価と低換金では低換金のほうが収支は安定しますし、客側からとっては歓迎すべき変化です!


関連記事;回転単価の計算 

     トータル確率の計算

     千円1回転の価値


ランキング参加してます!応援宜しくお願いします。


パチンコ ブログランキングへ

実際にホールに行く前にシュミレーションしたい方はこちら。
無料で登録できますo(^▽^)o

スポンサード・リンク


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

お名前(必須)

コメント
by お名前(必須) (2014-04-10 19:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサード・リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。