So-net無料ブログ作成

研修医の期間における成長 給料は薄給・・・ [医療系雑記]


スポンサード・リンク
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

現役医師兼パチプロ修行中のKazuyaです。



今回は医療系雑記ということで僕が研修医のころの日記の一部をアップしようと思います。



69XowRJlf7snVyp1395283898_1395283939.jpeg



ここから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



とりあえず明日で消化器外科研修、終了です。 

       

この三ヶ月で学んだことは、人の命をあずかる責任は想像していたより遥かに重いものだ、ということでした。 


学生の時にオペで色々やらせてもらって楽しかったのは所詮、責任がない身分だったからだな、と痛感しました。  


すべての行動、処置に命の責任が伴うということが、いかにハードかということを学びました。 


憧れやイメージだけで医者になるのは大間違いであることも、はっきりとわかりました。         


でも不思議と辞めようと思ったりすることはなかったです。 


そんなことより一日でも早く一人前にならなければ、という思いが日に日に募ります。 


よく一人前の医者なるには10年なんて言いますが、10年なんて全然足りないと思います。       


来月から胸部心臓外科です。 


ひたすら勉強し、精進します。   



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここまで。




とにかくこの頃は、日々の仕事のハードさに疲れきっていた記憶があり、その状況が赤裸々に書かれていて、当時を思いだします。



今となってはなんてことない症例や処置、普通にこないしているオペなども、当時の僕からすれば、こんなことが本当に自分にできるようになるんだろうか・・・?


と、いう不安で一杯だった記憶があります。


僕が尊敬するイチローの言葉に

小さな事を積み重ねる事が、やがてとんでもないところに行くたった一つの方法


と、いうのがありますが、まさにこれを実感します。


ランキング参加してます!応援宜しくお願いします。



パチンコ ブログランキングへ

実際にホールに行く前にシュミレーションしたい方はこちら。
無料で登録できますo(^▽^)o

スポンサード・リンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサード・リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。