So-net無料ブログ作成

鬼太郎 パチンコ甘デジ 地獄からの使者 完全攻略&スペック [稼働]


スポンサード・リンク
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ収支へ
にほんブログ村

現役医師兼パチプロ修行中のKazuyaです。

 

 

僕のように稼働時間が長く取れなかったり、制限がある方も多いと思います。

 

ですので、なるべくサクッと稼働出来る甘デジ~ライトミドルを中心に稼働紹介していこうと思います。

 

今回の稼働機種はこちら。

 

CRゲゲゲの鬼太郎~地獄からの使者~(甘デジ)

 

大当たり確率:1/99 

ラウンド数:2ラウンド~16ラウンド

確率変動率:62%

時短回転数:20回転or40回転or60回転

4Rトータル確率:1/35.6

4R平均出玉:510個

 

攻略方法は主に以下の2点だと思います。

 

攻略その1【時短中止め打ち】

簡易バージョンと捻り打ちバージョンと二つ紹介します。

僕は簡易を使っています。

 

・簡易バージョン

1、電チュウ開放3回目が開いたら打ち出し停止

2、電チュウ開放3回目が開いたら打ち出し停止


・捻り打ちバージョン

1、電チュウ開放3回目が開いたら捻り2発打ち

2、1発分開けて捻り2発打ち

3、1発分開けて捻り2発打ち

 

正直、玉増えにあまり差は無いので僕は簡易バージョンをお勧めします。

これでも微増します。

 

 

攻略その2【ラウンドアタッカー捻り打ち】

アタッカーは8カウントで閉じるので、7カウントまで入ったのを確認後に捻り打ちでオーバー入賞を狙う。

 

右打ち系機種なので、おなじみの捻りがきくと思いきやアタッカーの元ゲージが悪くてなかなか厳しいです。

アタッカー直前で玉が減速する使用ですので、よほど釘調整が良い台であればやってみると効果はあるかもしれません。

 

 

30玉交換(3.3円交換)、貯玉制限ありのホールでの実戦でした。

 

回転率は千円こみこみ21回転

出玉は止め打ち効果が少し認められて、4R当たり間に約10個増える計算でした。

 

これで実際に期待値を計算してみましょう。

 

以前の記事(回転単価の計算)より

 

{(大当たり確率の分母)÷(4R当たりのトータル確率)×(4R出玉数)= 平均獲得出玉

 

{(平均獲得出玉)÷(大当たり確率の分母)ー(250÷千円当たりの回転数)}×換金率=1回転当たりの収支

 

 

実際の数値を導入します。

 

(99)÷(35.6)×(510+10)=1446

{(1446)÷(99)-(250÷21)}×3.3=8.9

 

時間当たり、通常回転で約170回転しますので

 

8.9×170=1510円

 

と、なります。

 

 

 

で、結果ですが・・・

 

 

 

4時間稼働で結果は7000円のプラス

時給は1750円でした。

ほぼ期待値どおりですね。

 

最近の僕の稼働スタイルは、だいたいこのレベルの台を打つ事が多いです。


関連記事;沖海3 止め打ち

    ライダーV3 止め打ち

    わんぱら沖縄 止め打ち


ランキング参加してます!応援宜しくお願いします。


パチンコ ブログランキングへ

実際にホールに行く前にシュミレーションしたい方はこちら。
無料で登録できますo(^▽^)o

スポンサード・リンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサード・リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。