So-net無料ブログ作成

外科系診療科 外科系とは その① [医療系雑記]


スポンサード・リンク
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
現役医師兼パチプロ修行中のKazuyaです。


69XowRJlf7snVyp1395283898_1395283939.jpeg


では、前回の内科系に引き続き、今回は外科系ドクターの紹介をしていきます。

一般の方のイメージとしてはドラマの影響で
外科医と言えば心臓血管外科や脳神経外科などを思い浮かべると思いますが
下記の通り、産婦人科や泌尿器科なんかはバリバリの外科系ドクター(手術をメインに扱う科)です。



【外科医】 

大きく分けると、胸部外科、腹部外科に分かれます。 

胸部はさらに、心臓血管外科、呼吸器(肺、気管)、食道などなど。 
腹部は消化器(胃、十二指腸、小腸大腸)、肝胆膵などなど、こまごまややこしいです。 

でも、この辺の境界はあいまいで、外科医としてはまずはアッペ(盲腸)、ヘルニア。 
経験を積み胃がんなどを扱います。 

守備範囲は広いけど、得意なのはクダ(胃や大腸などの消化管のこと、)といったかんじでしょうか。 

【脳神経外科医】 

脳出血、脳腫瘍などを扱います。
脳動脈瘤クリッピング、などが行います。
ちなみに有名なくも膜下出血はSAH(ザー)といいます。
救急の初動部隊としても重宝されます。 


ランキング参加してます!応援宜しくお願いします。

パチンコ ブログランキングへ

実際にホールに行く前にシュミレーションしたい方はこちら。
無料で登録できますo(^▽^)o

スポンサード・リンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサード・リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。