So-net無料ブログ作成

大学受験最高効率勉強法 なぜ授業では合格出来ないのか? [最高効率勉強法]


スポンサード・リンク
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

現役医師兼パチプロ修行中のKazuyaです。

 

p0oFjJeVdYetAIk1395289338_1395289398.jpeg

 

 

 

前回説明した、以下の3原則

 

①自学自習が成績の90%以上を決定する

②復習が勉強時間の8割でよい

③難問に挑戦するのは東大、京大、国立医学部受験生だけでよい

 

のまず①を具体的に説明したいと思います。

 

 

 

以下は日本史の一場面、”大政奉還”に関する文章です。

 

 

 

江戸時代、徳川将軍は日本の統治者として君臨していたが、形式的には朝廷より将軍宣下があり、幕府が政治の大権を天皇から預かっているという大政委任論も広く受け入れられていた。幕末、朝廷が自立的な政治勢力として急浮上し、主に対外問題における幕府との不一致により幕府権力の正統性が脅かされる中で、幕府は朝廷に対し大政委任の再確認を求めるようになった。文久3(1863年)3月・翌元治元年4月にそれぞれ一定の留保のもとで大政委任の再確認が行われ、それまであくまで慣例にすぎないものであった大政委任論の実質化・制度化が実現した。

 慶応3年10月の徳川慶喜による大政奉還は、それまでの朝幕の交渉によって再確認された「大政」を朝廷に返上するものであり、江戸幕府の終焉を象徴する歴史的事件であった。しかし、この時点で慶喜は征夷大将軍職を辞職しておらず、引き続き諸藩への軍事指揮権を有していた。慶喜は10月24日に将軍職辞職も朝廷に申し出るが辞職が勅許され、幕府の廃止が公式に宣言されるのは12月9日の王政復古の大号令においてである。

 大政奉還の目的は、内戦を避けて幕府独裁制を修正し、徳川宗家を筆頭とする諸侯らによる公議政体体制を樹立することにあった。しかし大政奉還後に想定された諸侯会同が実現しない間に、薩摩藩を中核とする討幕派による朝廷クーデターが起こったのである。

 

 

上の内容を、学校の授業、あるいは予備校の講義、などで説明を受けるとどれくらいかかるでしょうか?

 

 

丁寧に説明され、先生によっては、直接はこの事件に関係なくとも関連したエピソードや、

場合によってはくだらない雑談(気分転換になるので別に悪い訳じゃありません)も含めて

 

 

まずもって15分、場合によっては雑談なんかいれてしまうと30分とかかかっちゃうんじゃないでしょうか?

 

しかし、この文章、貴方が読むと、何分くらいかかりますか?

 

 

早い人なら1-2分、遅くても3分もあれば読めてしまいます。

 

 

この圧倒的スピードの違いが、自学自習を勧める理由です。

 

 

 

大学受験、特に国立一流大学を受験するとなると5教科7科目の勉強が必要です。

 

相当範囲が広いのです。

 

仮に受験まで1年間あると仮定しても余裕がある訳ではありません。

 

 

さらに、原則②の人間は忘却するという観点から、復習に多くの時間をかける必要があるため、もっと時間は足らないのです。

 

 

優れた授業や講義は、内容を深く理解する事が出来るし、自分で参考書を読むよりも確かに記憶に定着しやすいです。

また、科目によっては、特に理系科目等、暗記だけでなく理解や思考力が必要な科目では、わかりやすく導いてくれる先生が絶対に必要な場面があります。

 

 

しかし、国立一流大学に必要な科目の範囲を全て授業でやるとなると、1周したらタイムアップです。

 

 

そして、如何に優れた内容の授業でも結局は忘れます。

 

 

忘れた知識は勿論、ゼロですから全く成績には反映しませんし、もっというなら曖昧な知識も、受験では使えないので、合格には結びつきません。

 

 

これが、授業や講義だけに出ていても、一流大学には合格出来ない理由です。

 

 

9割以上の多くの受験生が、真面目に講義には出ているのに一流大学には合格出来ない理由はこれです。

極論すれば、真面目に講義に出ていた1年間の時間のほとんど全てが無駄に終わる、ということです。

 

では、どうするか?

実際に多くの受験に成功した学生は、ほとんどの勉強時間を自学自習に使っているはずです。

 

今後も更に具体的な方法論に関して説明していきます。


スポンサード・リンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサード・リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。