So-net無料ブログ作成
検索選択
医療系雑記 ブログトップ
前の10件 | -

小児科研修時代の話 医療系雑記  [医療系雑記]

現役医師パチプロ修行中のKazuyaです。→詳しいプロフィールはこちら



これは僕が研修医時代の小児科研修をしていた時のお話です。


69XowRJlf7snVyp1395283898_1395283939.jpeg



強烈な症例を経験しました。 



と、ある、当直日。 



発熱があって何気に点滴、採血を頼まれた生後11日の赤ちゃん。 



結果はCRPが二桁という炎症所見、明らかに異常な数値。 



医者になってペーペーの僕でも、生後11日の赤ちゃんにこんな数値が出ること事態、とんでもないヤバいことがおこってることは、わかります。 



とにかく感染のfocusがわかんなけりゃ話にならない。 



最悪の事態を想定してルンバール(背中の腰椎に穿刺を行い髄液に感染が無いかを検査する手技)施行。 



赤ちゃんを横に寝かせ、4-5腰椎体棘突起間を針で一突き。 



人の命は平等って言うけど、こんな未来ある赤ちゃんを死なせるわけには絶対いかない。 



この、一突きに赤ちゃんの未来がかかってると思うと、自然に手が震えます。 



無事であってくれ、という思いと、敵が見えなきゃ戦いようが無いという思いが交錯。 



ルンバール針からもれ出てきた髄液は黄色でドロっとしていました。(本来、無色透明でサラサラ・・)最悪。 



細菌性髄膜炎。 



小児救急は95%は軽症でニコニコ顔で帰してあげれるのですが、残り5%に、とんでもないのが混じってるわけで。 


細菌性髄膜炎は小児科領域でも最も最悪の疾患のひとつ。 


年間2万人以上が受診する大病院でも、年間にひとり、いるかいないか。 



髄膜という脳をくるむ膜に感染が起こり、簡単に赤ちゃんを死に至らしめる病気です。 



そっこーで髄液を細菌培養、検査に出して、ABPCとCTX、2剤のfull doseでエンピリックに抗生剤治療開始。 


と、同時に持続補液開始。 

エコー、CTにて画像診断行い、幸い脳浮腫はなし。 



翌日、原因菌は溶連菌と判明。 



そうとわかれば、ターゲットは一点集中で殺す。 

De-escalationでABPC単剤集中投与開始。 



現在、炎症反応も改善し、髄液中の細菌も根絶。 

その後は元気にミルクを飲みはじめました。


あ~よかった。 


ランキング参加してます!応援宜しくお願いします。


パチンコ ブログランキングへ

実際にホールに行く前にシュミレーションしたい方はこちら。無料で登録できますo(^▽^)o

研修医の期間における成長 給料は薄給・・・ [医療系雑記]

現役医師兼パチプロ修行中のKazuyaです。



今回は医療系雑記ということで僕が研修医のころの日記の一部をアップしようと思います。



69XowRJlf7snVyp1395283898_1395283939.jpeg



ここから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



とりあえず明日で消化器外科研修、終了です。 

       

この三ヶ月で学んだことは、人の命をあずかる責任は想像していたより遥かに重いものだ、ということでした。 


学生の時にオペで色々やらせてもらって楽しかったのは所詮、責任がない身分だったからだな、と痛感しました。  


すべての行動、処置に命の責任が伴うということが、いかにハードかということを学びました。 


憧れやイメージだけで医者になるのは大間違いであることも、はっきりとわかりました。         


でも不思議と辞めようと思ったりすることはなかったです。 


そんなことより一日でも早く一人前にならなければ、という思いが日に日に募ります。 


よく一人前の医者なるには10年なんて言いますが、10年なんて全然足りないと思います。       


来月から胸部心臓外科です。 


ひたすら勉強し、精進します。   



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここまで。




とにかくこの頃は、日々の仕事のハードさに疲れきっていた記憶があり、その状況が赤裸々に書かれていて、当時を思いだします。



今となってはなんてことない症例や処置、普通にこないしているオペなども、当時の僕からすれば、こんなことが本当に自分にできるようになるんだろうか・・・?


と、いう不安で一杯だった記憶があります。


僕が尊敬するイチローの言葉に

小さな事を積み重ねる事が、やがてとんでもないところに行くたった一つの方法


と、いうのがありますが、まさにこれを実感します。


ランキング参加してます!応援宜しくお願いします。



パチンコ ブログランキングへ

実際にホールに行く前にシュミレーションしたい方はこちら。
無料で登録できますo(^▽^)o

手術のイメージとスピード 医療系 [医療系雑記]

   現役医師兼パチプロ修行中のKazuyaです。


69XowRJlf7snVyp1395283898_1395283939.jpeg


手術は正確さが第一です。 


これが大前提であり、スピードは次の話なんですが、長引けばどうしてもoozingと言いますが、微小出血量は増え患者さんに負担を与えるので早いにこしたことないのも事実。 


ではどうすればスピードがあがるのか? 


先生によりオペのスピードは違うのですが、どこが違うのか?

もちろん切開や縫合など、ひとつひとつの手技のスピードもあるんですが、手技と手技の間、が大切じゃないかと思います。 


サッカーでサイドバックから攻撃が始まり、トップにパスがきた。 
その時にトップが取る次の行動は以下のようなものがあります。 


①パスを受けてから、次にどうするか考える。 

②パスが放たれている間に、トップ下の動きが見えたのでダイレクトではたく。 

③パスが放たれている間に、裏のスペースに走りこんでいるサイドハーフが見えたので、トップ下にダイレクトではたいて、かつ裏のサイドへパスさせるよう指示する。 

④パスが放たれている間に、裏のスペースに走りこんでいるサイドハーフが見えたので、そのサイドハーフからゴール前でパスをもらうイメージのもとトップ下にダイレクトではたいて、かつ裏のサイドへパスさせるよう指示する。同時にターンしてゴールへ走る。 



①は、最も駄目ですね。まったく攻撃のイメージがないので次の展開がない。 

②は、とりあえず一手先は見えてますが、そこまで。 

③は、かなり優秀なトップです。 

④これがベスト。最後のシュートまでをイメージでき、そのための過程を把握できています。 

もっとすごい選手なら、①~④の流れのパターンを他にいくつかもっており、Aパターンが駄目ならBパターンCパターンと瞬時に判断します。 


オペも似たような部分があります。


うまい先生は何手か先をイメージできているので、次の判断が早い。 
この筋膜を切開すれば、~動脈~神経が走っておりこれらを結紮し、次は・・・ 
といった感じで。 

ひとつの手技が終わってから器械出しを要求するのではなく何手先をも読めているから
あらかじめ用意の指示をだせており、瞬時に次の手技へ移る。 



間のスピード、大切ですね。

ランキング参加してます!応援宜しくお願いします。

パチンコ ブログランキングへ

実際にホールに行く前にシュミレーションしたい方はこちら。
無料で登録できますo(^▽^)o

臨床とは 研究者とは [医療系雑記]

現役医師兼パチプロ修行中のKazuyaです。



69XowRJlf7snVyp1395283898_1395283939.jpeg



今日は、医者になりたての血気盛んな頃のお話をしようかなと思います。

とある大嫌いな教授にお前はどんな医者になりたいんだと言われ、『最高の技術を持つ医者になりたい。』と言ったら鼻で笑われました。 


先人が積み重ねてきた知識をただ真似して、流すだけの医者の何が偉いんだ、と。 


今、現在の医学は数々の患者さんの命に基づき、先人が命をかけて研究をしてきた上に成り立っており、その糧をただ食いするだけで一生を終えるなら医者なんかやめてしまえ、と。 


この世界に生きていく者は進歩を担う義務がある。 
今いる患者さんに今日より明日、明日より明後日と、より進歩した治療を提供する義務がある。 

少なくてもその可能性を示す義務がある。 
なぜなら数々の患者さんを通して、医学は進歩してきたからだ、と。 


医者だ、ドクターだと偉そうぶるなら、たった一行でもいい、今ある医学の教科書を書き替える腹積りでやれ、と。 

一言も返せませんでした。

あの頃はなんだこのくそオヤジ、と思ってましたが、今は少しわかる気がします。


ランキング参加してます!応援宜しくお願いします。



パチンコ ブログランキングへ

実際にホールに行く前にシュミレーションしたい方はこちら。
無料で登録できますo(^▽^)o

心肺蘇生とは ABC [医療系雑記]

現役医師兼パチプロ修行中のKazuyaです。


69XowRJlf7snVyp1395283898_1395283939.jpeg

今日は救命救急について。 
いま病院スタッフ向けの救命救急の講習会をやってるんですが、そこで救命のイロハについて講義しております。 

救命には段階があり、一次救命救急BLS(Basic Life Support)、二次救命救急ICLS(Intermediate Cardiac Life Support)、三次救命救急(Advanced Cardiac Life Support)の三段階に別れており、二次以降の高次救命救急は医療行為なので医師でないと行えませんが、一次は一般の皆さんが行えて、しかも一番大切なのです。 

あなたのご両親、ご友人、または最愛の人が突然、CPA(Cardio Pulumonary Arrest…心肺停止状態)で倒れたらどうしますか!? 


そんな時に役にたつのが、BLS(一次救命救急)です! 


これ、実は、みなさんのほとんどがある場所で習ってるんですよ。 


自動車教習所です。 


BLSに含まれる内容は人工呼吸、心臓マッサージ、AED(Automated Erectro Defibrillator…自動体外除細動機、いわゆる電気ショックってやつです) 

このAEDは優れもので勝手にコンピューターが判断して除細動してくれるので皆さんが使えます。

機会があれば、ためらわず除細動してみてください。

ランキング参加してます!応援宜しくお願いします。

パチンコ ブログランキングへ

実際にホールに行く前にシュミレーションしたい方はこちら。
無料で登録できますo(^▽^)o

手術室〜構造 手洗い〜執刀開始までの流れ [医療系雑記]

現役医師兼パチプロ修行中のKazuyaです。


69XowRJlf7snVyp1395283898_1395283939.jpeg


今回から定期的に医療系ネタ?も載せていこうかな、と思います。

今日はオペ室での、だいたいの流れについてでも書こうかなと思います。 


患者さんがオペ室に来たら、まず麻酔科の先生による全身麻酔が始まります。 

その間に術者は頃合いを見て手洗いを済ませます。 
よくドラマである例の手洗いです。
正確に行うなら手は肘より下に下げてはいけません。
なぜなら、したたり落ちる水が手に落ちてきたら汚れるので肘から水滴を垂らすためです。 
さらに最近はブラシで手をゴシゴシしません。もみ洗いです。


ナースさんにオペガウンを着せてもらって清潔手袋をはめ、イソジンでしこしこ術野を消毒したら執刀医は患者さんの左側に立ちます(科や術式、大学の方式により変わることあり)。

対面に第一助手(前立ち、といいます)。後は第二助手が執刀医の横に。第三助手が第一助手の横につきます。 

麻酔科の先生のOKの合図と供に『お願いしま~す』と皆で合唱してオペ開始。 


後は術式により様々ですが、道具の紹介なんぞ。 

まず皆さんご存じのメス。実は初めの切開以外はあまり使いません。 

次は電気メス、これは術中最も使います。焼きながら切ることで出血を少なくできるし止血にも使えます。
一股のモノポーラーと二股のバイポーラーがあります。焼くときピーって鳴ります。 

次はクーパー、先が曲がったはさみです。切る作業だけでなく癒着剥離などにも使います。 

コッヘル。なんてゆうたらえーかな…はさみの形で刃が無い挟む物…かな。 

ペアン、ま、細長い刃が無い挟む物かな。 

せっし。ピンセットです。 


他にもツッペルやらメッツェンやらケリーやらモスキートやらスパーテルやら、なんやらかんやらで100種類以上はあるんですが、これらすべてはオペ看というナースさんが器械出しという役割ですばやく出してくれます。 


で、洗浄して縫合して終了です。 

麻酔科の先生はここから患者さんを起こして気管チューブを抜管します。

無事終わりましたよ~と言うと患者さんは、ほんとにホッとされるようで喜ばれます。
この瞬間が医者やっててよかったーとか思う瞬間なんでしょうか。 

よく音楽鳴らしながならやるの?とか聞かれますが、先生によりけりです。 

基本、外科医はテンション上がってるので、やたら駄洒落を連発してくる先生とかにあたると失笑がオペ場に流れます。

ランキング参加してます!応援宜しくお願いします。



パチンコ ブログランキングへ

実際にホールに行く前にシュミレーションしたい方はこちら。
無料で登録できますo(^▽^)o

外科系診療科 外科系とは その② [医療系雑記]

現役医師兼パチプロ修行中のKazuyaです。



69XowRJlf7snVyp1395283898_1395283939.jpeg



では、外科系その②です。



【耳鼻咽喉科医】 

頭頸部領域(顔面~首)のオペ、やります。 
具体的には耳下腫瘍のオペとか。もちろん悪性腫瘍もやります。 

整形外科医】 

骨、筋肉、関節にかんするオペ、やります。 
骨折からアキレス腱断裂から、骨にできる腫瘍。
スポーツ選手はよくお世話になりますね。 
あと、じいちゃんばあちゃんの腰痛いとか。 

皮膚科医(形成外科)】 

皮膚に関すること、なんでもやります。 
皮膚移植や悪性黒色腫なんかの皮膚に出来るガンもオペします。
皮膚科は目に見えて症状出るし需要高いですね。 
形成外科は皮膚科とは少し違い、口唇裂の手術等、再建などを行います。

【泌尿器科医】 

性病だけやってるわけじゃありません。 
腎臓、尿路系の疾患のオペはここでやります。 
前立腺ガンとか今すごい多いです。 

【産婦人科医】 

お産はもちろん、帝王切開(カイザー)、卵巣腫瘍や子宮ガンのオペ。 
さらには不妊症に対する内科的コントロールもやります。 
かなり範囲が広く奥が深いです。 
バリバリ手術もしながらお産も扱い、医者の中でも最もベリーハードな科です。 



これら外科系の先生はメスを使えることはもちろん、 
切離、剥離、縫合、結紮、支持、止血の外科基本手技はマスターせねばなりません。 
さらには最近は内視鏡下手術もさかんにおこなわれているので細かい作業を必要とします。


ランキング参加してます!応援宜しくお願いします。



パチンコ ブログランキングへ

実際にホールに行く前にシュミレーションしたい方はこちら。
無料で登録できますo(^▽^)o

外科系診療科 外科系とは その① [医療系雑記]

現役医師兼パチプロ修行中のKazuyaです。


69XowRJlf7snVyp1395283898_1395283939.jpeg


では、前回の内科系に引き続き、今回は外科系ドクターの紹介をしていきます。

一般の方のイメージとしてはドラマの影響で
外科医と言えば心臓血管外科や脳神経外科などを思い浮かべると思いますが
下記の通り、産婦人科や泌尿器科なんかはバリバリの外科系ドクター(手術をメインに扱う科)です。



【外科医】 

大きく分けると、胸部外科、腹部外科に分かれます。 

胸部はさらに、心臓血管外科、呼吸器(肺、気管)、食道などなど。 
腹部は消化器(胃、十二指腸、小腸大腸)、肝胆膵などなど、こまごまややこしいです。 

でも、この辺の境界はあいまいで、外科医としてはまずはアッペ(盲腸)、ヘルニア。 
経験を積み胃がんなどを扱います。 

守備範囲は広いけど、得意なのはクダ(胃や大腸などの消化管のこと、)といったかんじでしょうか。 

【脳神経外科医】 

脳出血、脳腫瘍などを扱います。
脳動脈瘤クリッピング、などが行います。
ちなみに有名なくも膜下出血はSAH(ザー)といいます。
救急の初動部隊としても重宝されます。 


ランキング参加してます!応援宜しくお願いします。

パチンコ ブログランキングへ

実際にホールに行く前にシュミレーションしたい方はこちら。
無料で登録できますo(^▽^)o

内科系診療科 その② [医療系雑記]

現役医師兼パチプロ修行中のKazuyaです。


69XowRJlf7snVyp1395283898_1395283939.jpeg


前回の内科のお医者さん、その①の続きです。




【小児科医】 

内科全科をマスターした上でさらに小児科特有の病気も理解しないといけないスペっシャルな科。 
親御さんはわが子のことになると気が気じゃないので大変 

放射線科医】 

レントゲン、CT、MRIなどの読影のプロ。わずかな病変も見逃しません。 
さらに放射線を使ったガン治療などもやります。 
渋いって感じですかね。 

【精神科医】 
現在その重要度は増すばかりです。 
人間は感情の動物であり、心の病は非常に重く、精神科医の役割は大きいです。 

【麻酔科医】 

麻酔科は内科系でも外科系でもないかもしれませんが。
メスは持たないんで一応ここで。 
オペの際に全身管理を担います。 
外科医が安心してオペができるのは麻酔科医が全身状態を完璧にコントロールしているからです。 
また救命医として活躍する場面も多いです。 

と、まあ以上のように、かなり細分化されてます。

 

 

ランキング参加してます!応援宜しくお願いします。


パチンコ ブログランキングへ

実際にホールに行く前にシュミレーションしたい方はこちら。
無料で登録できますo(^▽^)o

内科系診療科 その① [医療系雑記]

現役医師兼パチプロ修行中のKazuyaです。



69XowRJlf7snVyp1395283898_1395283939.jpeg



今回は前回に引き続き、内科系のお医者さんを紹介していきます。


【内科医】 

いわゆる内科のお医者さんです。 
その範囲はあまりに広すぎるため、内科認定医としては内科全分野を網羅しますが、さらに専門医として細分化されます。 

(循環器内科) 
心筋梗塞などの心臓病や血管疾患を診ます。 
かなりしんどい科です…。 

(神経内科) 
脳、脊髄疾患を診ます。有名なところではマイケルJフォックスのパーキンソン病とか。神経内科の外科版が脳外科となります。 

(消化器内科) 
胃腸を診ます。胃潰瘍なんかでお世話になるお医者さんです。 
あと肝臓や膵臓なんかも診ます。 
酒飲んで肝臓いわしたら消化器内科へ。 

腎臓内科) 
腎、尿路系の疾患を診ます。 
糖尿なんかも代謝疾患として診たりします。 
これの外科版が泌尿器科です。 

(血液内科) 
メインは白血病です。他にもいろんな貧血などの血液疾患を診ます。これもしんどい科です…。 

(呼吸器内科) 
風邪ひいたらここですな。 
肺を診たらプロ中のプロ。 
胸の聴診させたら呼吸器内科医の右にでる医者はいないでしょう。 

(免疫内科) 
膠原病ってわかりますかね…? 
全身性エリテマトーデスとか…。まあなんちゅうかややこしい病気を診ます。 

(内分泌内科) 
主にホルモンの異常を診ます。どちらかと言えば頭脳労働メインの科。 
バセドー氏病とかねー。 

他にも代謝疾患やら感染症やらを診る内科医やらなんやらかんやらあります。 


前の10件 | - 医療系雑記 ブログトップ
スポンサード・リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。