So-net無料ブログ作成

パチンコ新台入れ替え 新台入れ替え情報をどう利用するか? [日常]


スポンサード・リンク
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ収支へ



現役医師パチプロ修行中のKazuyaです。→(詳しいプロフィールはこちら

最近このブログでもよく取り上げている『新台入れ替え』
昔は、このイベントはお祭り騒ぎの釘開放台ばかり、というのが定石だったのですが、最近は皆さんご存知の通り、新台入れ替え=回収モードになっております。

極々たまにですが、新台導入数日は少し甘め(と、いってもボーダープラスα程度、出玉関係も当然絞り気味)にするホールもありますが、基本的には新台で客がついている間に回収しようというのが今のホールのスタンスだと思われます。

では、我々打ち手は新台に対してどういうスタンスで望めばよいのでしょうか?


その前になぜホールは新台入れ替え即回収に向かうのか?
それはいわずもがなですが、台の購入に多大な費用がかかるからです。

長く使える台ならまだしも、最近の新台入れ替えは、新台入れ替え回収即撤去という、打ち手にとって最悪の流れになっています。

しかしこれをホール側から考えると、1台40万円近くするパチンコ台を購入し、客が飛んでしまってはコストの回収が出来なくなってしまいます。

ですのでホール側の立場に立ってみるとそんなリスクを冒して釘を開放する事は出来ないのです。
(初めからガチガチの釘にするから客が飛ぶ訳で僕から言わせれば本末転倒なのですが、あくまでホール経営の立場に立つとこうなります。)

ですので現状の新台入れ替えばかりを狙い打って稼働するというのは、はっきり言って最悪の状態の台を常に打たされるという事になります。

では、勝つことを前提とした場合、新台に対してどう向きあうのか?


新台導入〜1ヶ月、2ヶ月たっても依然客付きが良い台はホール側の不安は解消されています。
すでにある程度の回収は終わっていますし、しばらくたっても稼働がよいならば『これは使える台だ』と判断できるのです。

そうなって初めて長期に薄利多売の方向にシフトし、甘めに営業して客に還元し始めるのです。

本当に稼働状況がよければホールのメイン機種にしようと腰を据えて調整してきます。

今で言えばルパンなんかが良い例になるでしょうか?

例えばルパン増台!なんてイベントがあればチャンスだと思います。

こんな感じである程度ターゲットを絞ってホールや台を見ていくと効率よく期待値のある台を探せる事が多い気がします。

他の方のプロのブログ等を読んでいても新台狙いをメインに打っている方はほぼいないと思います。
同じように新台導入しばらくは様子見をされている方が多いです。

あとこれは個人的意見になりますが、グランドオープンレベルのリニューアルになると、逆に不人気ゾーンが熱いような気がしています。

ホール側はどの台もまずは均等に出そうとするので、客の少ないシマは稼働自体がとぶとその後に赤字をだすことになるので、客引きの意味もあるのかな?と考えています。

もちろん最終的には、しっかり釘を見て判断していきたいですね!


関連記事;ジャンボ宇都宮店の評判 業界の革命児

ランキング参加してます!応援宜しくお願いします。



実際にホールに行く前にシュミレーションしたい方はこちら。
実践で使える機種が盛りだくさんですo(^▽^)o

スポンサード・リンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサード・リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。