So-net無料ブログ作成

パチンコ貯玉について パチンコ確率の意味・計算  再プレイいくら得か? 12  [確率に身を委ねる]


スポンサード・リンク
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ収支へ
にほんブログ村



現役医師パチプロ修行中のKazuyaです。(詳しいプロフィールはこちらをクリック!


僕も良く利用する貯玉再プレイ。

この等価交換ではないホールでこの貯玉システムがある場合、絶対に使わないとだめなほど必須のツールです。


今回は貯玉再プレイに関して、具体的にどれくらいお得なのかを考察していこうと思います。


貯玉パターンにも沢山の種類がありますが主に以下のパターンにわかれると思います。


①引き出し無制限 手数料無料

②引き出し個数制限あり 手数料無料

③無制限に貯玉は引き出せるが手数料がかかる

④ある個数まで引き出し手数料無料 そこから手数料がかかる



①はほとんど等価交換に近いようなホールでよくあります。

27玉交換の店とかですね。

もし①のパターンで3円交換とかだと、かなりお得になります。


②は3円交換前後の標準的ホールでよくみられるパターンです。

当然、貯玉制限の限界まで使うほど特になります。


③、④がわかりにくいですね。

基本的には貯玉で現金投資より損する事はないのですが

手数料がどれくらいかかったら、どれくらい損するのか?得するのかがいまいち把握しにくいです。



今回はこのサービスを明確に数値化して、いったいいくら得なのかに関して解説していきたいと思います。


【3円交換 手数料無し 引き出し上限5000個】

 

5000個の貯玉を再プレイせず、そのまま換金してしまうと15000円になります。

しかし、これを貯玉再プレイすると20000円分打つ事が出来ます。

すなわち5000円も得するのです。

(貯玉を使い切る前に持ち玉になってしまうと、もう少し得する分は減りますが)


逆に言えば、現金で打ってる人は貯玉制限内でしか打ってない人に比べて日当5000円くらい損スタートしてるのです。


勝てるわけないですよね・・・


仮に貯玉無制限手数料無しであった場合もっと凄い事になります。


例えば沖海3ミドルでボーダープラス3程度の台を終日実践すると

平均投資額はだいたい3万円前後ですが、これを全て持ち玉遊戯できることになります。


3万円分と言えば7500玉で、これは換金すると22500円ですから

貯玉再プレイならば7500円も得するのです。

もはや日雇いバイトクラスの額です・・・


ちなみに貯玉再プレイ無制限手数料無しで、貯玉がつきないと仮定すると

当然等価ボーダーで打てる計算になります。


貯玉再プレイしないのはあり得ないということが理解頂けたでしょうか?


では、手数料があった場合はどうでしょうか?


【3円交換 引き出し無制限 手数料20%】

 


手数料20%なので1000個の玉を引き出すと200個の手数料が取られます。

貯玉を1000個引き出すと、貯玉残高が1200個減少するのです。


この1200個を換金すると3600円になります。

しかし貯玉再プレイならば1000個分、すなわち4000円分打てるので

400円分得する事になります。


さきほどのように終日実践で投資3万円(7500玉)に換算すると

400×7.5で3000円分のお得になります。


1日当たり3000円だとたいしたことないように感じられますが

100日で30万円です。


比較的頻繁にホールに通う方なら1年でこれくらいの差が出ます。。。


絶対貯玉しましょうね!


関連記事;回転ムラを確率化するpart2

                回転ムラを確率化するpart1

     保留3止め、ステージ止め

                


ランキング参加してます!応援宜しくお願いします。


パチンコ ブログランキングへ

実際にホールに行く前にシュミレーションしたい方はこちら。
無料で登録できますo(^▽^)o

スポンサード・リンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサード・リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。