So-net無料ブログ作成
検索選択

パチンコの回転ムラを確率化する part2 パチンコ確率計算 [確率に身を委ねる]


スポンサード・リンク
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ収支へ
にほんブログ村
現役医師パチプロ修行中のKazuyaです。

では、前回(回転ムラpart1)の続き、回転ムラに関してさらに実践的に見ていきましょう。


前回は千円打った時の回転ムラを見ました。

さすがに千円だけでは試し打ちの試行回数としては少なすぎますので
今回は3000円打った時のパターンで見ていきます。


【千円20回転の台を3000円試し打ちした場合】

40回転以下 1.2%
50回転以下 14.6%
60回転以下 48%
70回転以上 16%
80回転以上 2.5%
90回転以上 0.2%

 


仮に真の回転数が千円20回転であれば、3000円打った段階で40回転以下というのは1.2%しかないので、まずその台の真の回転数は千円20回は無いと言えると思います。

逆に3000円で90回転以上回った場合は、0.2%しかないので千円20回転どころかそれ以上の可能性が高いとも推測出来ます。


【千円25回転の台を3000円試し打ちした場合】

40回転以下 0.01%
50回転以下 0.7%
60回転以下 6.6%
70回転以上 70%
80回転以上 34%
90回転以上 10%

 



目標回転数が千円25回転と高い場合
3000円打った段階で60回転以下なら、その台は諦めるべきと言えます。

その場合、最低でも70回転以上は無いと追えないと思います。




次に試し打ち5000円の場合を考察します。
試し打ちとして試行出来る回数はこの辺りが限界だと思いますので、5000円で目標回転数に達する可能性が薄いなら、その台は諦める必要があります。


【千円20回転の台を5000円試し打ちした場合】

70回転以下  0.4%
80回転以下  4.5%
90回転以下  21%
110回転以上 22%
120回転以上  6%
130回転以上  1%

 


この辺りから数値は落ち着いてきます。
80回転以下なら、真の回転数は千円20回はまずないと判断すべきです。

逆に上ムラの120回転以上になる確率は6%しかありません。
この場合、千円20回どころかもっと上の可能性が高いでしょう。


【千円25回転の台を5000円試し打ちした場合】

70回転以下  0.001%
80回転以下  0.02%
90回転以下  0.4%
120回転以上 65%
130回転以上 37%
140回転以上 16%

 


90回転以下なら、真の回転数は千円25回はまずないと判断すべきです。

だいたい120回転以上になる事が多く。
140回転以上になる確率は16%でそこそこあります。


このように確率的考察からも回転数を予測する事は可能だと考えられます。

ただし、基本はやはり釘調整をしっかり見る事です。

特に、1日張り付いて打った台等はきちんとデータと釘を把握出来ています。

終日打った回転数は限りなく真の回転数に近いと考えられますので、
その時の釘をベースに(僕はヘソ、寄り、道、スルー、ワープの5カ所を写メして台別にデータに残しています。)回転数を予測しつつ
今回の記事の内容を参考にしながら打っていくのがいいと思います。

             千円1回転の価値
     回転単価の計算

ランキング参加してます!
応援宜しくお願いします。

パチンコ ブログランキングへ

実際にホールに行く前にシュミレーションしたい方はこちら。
無料で登録できますo(^▽^)o

スポンサード・リンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサード・リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。